スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤の女王仮説

 『鏡の国のアリス』に、登場人物である"赤の女王"の「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」という台詞がある。そこから、生物が生き残るためには進化し続けなければならないことの比喩として用いられている。
 具体的には2つのことを指している。

1.性は寄生者から逃れるための手段であるとする説。寄生者は宿主よりも体のサイズが小さく、世代時間も短いので速く進化するから、宿主は有性生殖によりランダムに変化するのが有利になる。

2.競争関係にある2つの種が、お互いに有利になるようにどんどん進化してゆくことを「軍拡競争」と比喩するが、その競争は止まることがないとする説。
スポンサーサイト

theme : 生物学、生態学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。