スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人口論』

 人口は等比級数的に増えるが、食糧資源は等差級数的にしか増えないために、資源を巡って生存競争が常に生じるということを述べたマルサスの著書。この本を読んだダーウィンは、生物も成体になるよりもずっと大量の子を産むということに改めて気が付き、自然淘汰の考えに到達するヒントになったらしい。
スポンサーサイト

theme : 生物学、生態学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。