スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進化論の見方」

「進化論の見方」
 非常に読みやすく、またコンパクトにまとまった良い教科書だと思う。一般向けの概説書ではなく専門に学ぶ人の入門としては最高ではないか。

第1章生物進化とはなにか
 進化の定義、単位について
第2章適応と自然選択
 適応と自然選択の定義、その関係、よくある誤解と注意点
 群淘汰のまずい点
 血縁選択をはじめとする様々な選択とESSについて
第3章進化の要因
 共進化、軍拡競争、赤の女王仮説、共生
 ヘテクロニー(異時性)、ホメオティック突然変異など
 集団遺伝学の基礎
第4章マクロな進化と長期的な進化傾向
 種の定義と分化の様式
 小進化と大進化
 断続平衡説のまずい点
第5章遺伝の機構と分子進化
 メンデル遺伝、獲得形質の遺伝
 分子進化の中立説
第6章様々な進化要因の相対的な重要性
 進化のプロセスと進化の要因
 進化のプロセスとその単位

新しく学んだこと
デーム:ある地域で固体どうしが互いに繁殖しあっている集団
密度依存選択:生物の密度によって適応度が変化するタイプの選択
シフティング・バランス理論
自然選択の働きは、生物の遺伝的な性質を集団内に広めるだけでなく、除去したり維持させたりすることの再確認

進化論の見方進化論の見方
(1989/08)
河田 雅圭

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。