スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマキリの共食い

カマキリ目カマキリ科
カマキリ目ヒメカマキリ科
kamakiri_convert_20080528225922.jpg
 大型の肉食性の昆虫であるカマキリはふつうハエのような小形の昆虫を食べますが、動くものならほとんど何でも攻撃します。交尾の際には、雄は注意深く雌に忍び寄り上に乗って交尾します。雌はチャンスがあり次第雄を食べようとします。雄が近づいていくときか、上に乗った直後か、離れたあとかに、まず頭を咬み切って食べ始めます。雌は交尾の終わってから雄を食べ始める方が良さそうに思われるかもしれませんが、頭がないことは、雄の身体の残りの部分の性的行為の進行を止めることにはならないようです。実際、昆虫の頭は抑制中枢神経の座にあるので、雌は雄の頭を食べることによって、雄の性行為を活発化することが出来るのです。もしそうであれば、これは利点を増やすことになります。もちろん、第一の利点は、雌が上等な食物を手に入れるということです。
 この行動は、雌が自分より小さくて動くものに飛びつくという習性に従っているにすぎないと考えられています。また、このような習性はクモなど他の肉食性の虫でも見られ、特に珍しいことではありません。
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。