スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「利己的な遺伝子」

利己的な遺伝子 (科学選書)利己的な遺伝子 (科学選書)
(1991/02)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る

 争うのは種でも個体でもなく、遺伝子それ自体である。生存競争に打ち勝つのは、種でも個体でもなく遺伝子である。つまり、淘汰は遺伝子に対して働くものであり種や個体に働くのではない。ある遺伝子による形質や行動がその遺伝子の生存率を高めるのであればその遺伝子は生き残り、そうでなければその遺伝子は消える。例えば、「8の字のダンス」を踊らせる遺伝子は、ミツバチがダンスする事により生き延び生殖することができたから、コピーされ次代へ生き延びる。首を長くする遺伝子は、そうすることによってキリンが生き延び子を産むことによって、自らも増えることができるのだ。
 親と子は同じ生物ではないが、「8の字のダンス」を踊らせる遺伝子や、首を長くする遺伝子は同じ遺伝子が子へ伝わるのである。親と子は違うが、伝わった遺伝子は全くのコピーだ。遺伝子は不滅のコイルなのである。遺伝子は自分自身をコピーし、増殖するために生物を操る。それを利己的と言っているのです。そう考えると、今まで説明出来なかった現象も、見通しが良くなる場合があるのです。もっと極論すると、生物は遺伝子が自らをコピーし生き残っていくための生存機械=乗り物なのである。

 これがこの本の概略ですが、本の存在とタイトルだけを知っていたときには勘違いをしていた。遺伝子には利己的なものとそうでないものがあるのかと思っていた。ちまたに溢れている利己的遺伝子に対する誤解は私のものと同様だと思う。ほとんどの人が中身を読まずにタイトルから誤解しているのでしょう。中には読んだのに勘違いした人もいるかもしれないが、著者は再三再四注意を促しているので、よほどのことがなければ読み違えることはないはずです。
 『利己的遺伝子とは何か―DNAはエゴイスト!』はひどかった。ドーキンスが危惧したとおりの間違いを堂々と書いている。分かってわざとやっているのか、いやメリットないですよね。金儲けのために片手間で書いたのでしょうか。よく分かりません。
 また、読んではいないが竹内久美子という人の本はハチャメチャだそうです。または高度なジョークらしい。読んでないから何とも言えないし、読む暇もないけど「利己的遺伝子とは何か」で引用されていた竹内久美子の文章はたしかにハチャメチャでした。
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。