スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生き物たちの神秘生活」

はじめに
 この書物には、1975年から1993年にかけて発表したエッセイが収められている。
 私はそこで、根源的ではあるが、それだけに分かりにくい事柄をふたつ論じた。そのひとつは「自然(ネイチャー)」である。自然と称される世界の一部分は、別段われわれを必要とせず、われわれを越えたところで永遠に続くのだが、また、われわれヒトという種を育んできた揺りかごだとも考えられている。
 もうひとつは「人間の本性(ネイチャー)」である。つまり、われわれの感覚と感情を形作る本質、ヒトのそもそものあり方を論じようとした。

生き物たちの神秘生活 (Natura‐eye Science)生き物たちの神秘生活 (Natura‐eye Science)
(1999/01)
エドワード・O. ウィルソン

商品詳細を見る

脳には、次のような学習傾向がルールとして組み込まれている。ヘビのような形態を持つあらゆる物体に対し、すばやく警戒せよ。身を守るためにこの特別な反応を過剰なまでに学習せよ。
(中略)
実験室で育ち、以前にヘビを見たことがないサルでも、ヘビを見れば、野生で捕らえられたサルと同じような反応を示す。ただし、野生の猿より反応は弱い。

 ミネカの実験も出てきた。やはり重要な論文なのだろうか、読んでみよう。

 人々は、これまた遺伝的特質のゆえに、前もって計画が立てられるのは、せいぜい一~二世代後のことまでにすぎない。人々は日々の生活で起こる深刻な問題や対立に腐心し、自分の地位や部族の安全をほんの少しでも脅かすものが現れると、迅速果敢に対処する。ところが、心理学者が発見したところによると、奇妙にも、人間は大地震や大嵐などの自然災害が起こる可能性やその影響を過小評価する傾向がある。
(中略)
昔は、遺伝によって短期的思考傾向を備えた個体の方が、そうでない個体よりも長命で、多くの子どもを残すことができたのだろう。未来を考慮することは、自然淘汰を生き延びるうえで、つねに分が悪く作用したのである。

 それは確かにそうプログラムされているのかも知れないが、脳の働きでそれは押さえられるのではないのか。短期的ではなく長期的に判断する文化を持った集団はそうでない集団より生き延びるのではなかろうか、そういう文化人類学的な研究はないのかなぁ。
 全体的にそうだったが、生物学で社会が説明できそうなことをほのめかしたり、人間と動物を同列に扱いすぎたりする傾向がある。ちょっと言い切りすぎて論理的な説明ではないなと感じるところが多々あった。エッセイだから構わないけど。

 この人の本を読むなら何が良いかなぁ、「社会生物学」?高い・・・。「集団の生物学入門」は面白そうだけどもっと現代化されたやつ読んだ方がよさそう。「人間の本性について」かなぁ。それか島嶼生物学の論文も興味ある。それとも「ナチュラリスト」?

ノート

南極大陸を除くすべての大陸に毒蛇がいる。

社会生物学:心理学と動物行動学という伝統的な学問の組み合わせから事実と概念を導きだし、遺伝学と生態学にしたがって新たに組み立て直す。
スポンサーサイト

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。