スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銃・病原菌・鉄」

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る
 ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南北アメリカ、オーストラリア。それぞれの地で、人類はきわめて多様な社会を作り上げてきた。高度な工業化社会もあれば、伝統的な農耕牧畜生活を営む人びともいる。数千年にわたって狩猟採集生活を続ける人びともいる。なぜ人類社会はこれほど異なった発展の道筋をたどったのか。世界の地域間の格差を生み出したものの正体とは何か。
 この壮大な謎を、1万3000年前からの人類史をたどりつつ、分子生物学や進化生物学、生物地理学、考古学、文化人類学などの最新の研究成果をもとに解き明かしていく。
銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る
 ある社会が他の社会と衝突し、勝者が敗者を征服して取り込む、あるいは消滅させていく。人類史の過程において何度も繰り返されてきたことである。これによって歴史は大きく動き、世界地図における民族の分布が塗り替えられていった。
 その勝敗を決めた要因とは何か。それはたんに銃器や金属製の武器の有無だけではなかった。政治形態、戦闘要員を支える社会基盤、戦闘用の馬の存在、情報の伝達と保持のための文字分化の存在、さらには、その社会が持つ病原菌も大きく影響していたのである。
 人類史を動かしたさまざまな要因を詳細に分析し、東アジア・太平洋域・オセアニア・新旧大陸の衝突・アフリカ大陸それぞれについて具体的に検証していく。


 久々に非常に面白い本を読んだ。


 ヤリという名のニューギニア人がダイアモンド博士に何気なくこう問いかけた。
「欧米人達は様々な物資をニューギニアに持ってきたが、ニューギニア人達はそうした物資を何も作り出さなかった。その差はどこから生まれたのか。」

 世界のある地域には工業化が進み、多用な物質文明を発展させた人口の稠密な社会があり、別の地域には多様な物資をほとんど持たずに伝統的な生活を続けている社会がある。こん、当たり前のように思われがちな事実についての素朴な疑問に対し、著者は明快な答えを返す事が出来なかった。
 それから25年後、人類社会の歴史が大陸ごとに異なる経路をたどった要因と、それらの要因の因果の連鎖を地球規模で科学的に究明し、新しい人類史観を示すものとして本書を著した。博士の答えを要約するとこうなる。

 今から1万3000年前、最終氷河期が終わった時点では、人類は世界各地でみな似たり寄ったりの狩猟採集生活をしていた。その後、各大陸で歴史はそれぞれに異なった経路をたどっていく。大陸ごとの差異が生じ、やがてその格差が大きく広がっていった。そして16世紀には、南アメリカ大陸のインカ帝国をユーラシア大陸からやってきたスペイン人が征服するまでになった。なぜスペイン人がインカを征服したのであって、インカ人がヨーロッパを征服したのではなかったのか。その直接の要因は、スペイン人が持ってきた「銃・病原菌・鉄」であった。
 では、なぜ、スペイン人はそれを持っていて、インカ人は持てなかったのか。ユーラシア大陸では早くから狩猟採集から農耕へと移行した。このことが、優れた武器や技術、発達した政治機構を生んだ。
 では、なぜユーラシア大陸ではそのような発達を遂げることができたのか。ユーラシア大陸は東西に長く、アメリカ大陸は南北に長い。東西に延びている場合には、野生種の栽培化や家畜化の際にスムーズに技術が伝わるが、南北に延びている場合には気候が異なってくるので、その伝達が遅くなってしまう。そのことにより、ユーラシア大陸では狩猟採集から農耕への移行がスムーズかつ速やかに行われ、アメリカではそうはいかなかった。 また、ユーラシア大陸には人間が家畜化するのに適した大型哺乳類が多く生息していたが、アメリカでは既に絶滅してしまっていたから、家畜を飼うということが出来なかったため、家畜と長く接することにより、ヨーロッパ人は病原菌に対する免疫を持っていた。

 おおまかに書くと、こんな感じです。著者は進化生物学者で、論の進め方に慣れていたので分かりやすかった。納得いくまで、なぜ、それはなぜ、とトコトン突き詰めてくれるので面白かった。生物学で言うところの「究極要因」は歴史などでも当てはめられるんだというのを初めて体験した。学生時代に学んだ歴史は全く毛並みが違っていて退屈なものだったけど、このような歴史へのアプローチならもっと勉強してみたいとも思った。

スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jared Diamond 『銃・病原菌・鉄 13,000年にわたる人類史の謎』

もっと早く読めばよかった。非欧米人が持つ欧米人への劣等感が一気&#...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。