スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神は妄想である―宗教との決別」

神は妄想である―宗教との決別神は妄想である―宗教との決別
(2007/05/25)
リチャード・ドーキンス

商品詳細を見る


 すごいの一言。
 自分は理科教師の一員として無神論者であるけど、害のない宗教に対して寛容でした。新興宗教を信ずる知人で尊敬すべき人もいますし。ただやはり原理主義者というか、度の過ぎた狂信者、他人に害を与える者は許されない。
 ドーキンスは、その辺かなり厳しく断罪しており、これだけの量を使って神の存在を否定してゆく。ドーキンスの議論の進め方に慣れた者にとっては次の展開が読めたりして、その辺も面白かった。初めてドーキンスを読む人はびっくりしたのではないでしょうか。一歩ずつ、論理を進めていき、気が付いたら「そうか神はいないんだ。」となるはずです。
 信者に向けて書いたものではなく、なんとなく世間体でクリスチャンを名乗ってはいるが、実のところ科学的に考えたら神なんていないよなと思っている者に、勇気を持って無神論者を名乗ろうというんがこの本の趣旨です。それほど成功したかは知りませんが、日本ではちょっと違う読まれ方をされるのでしょう。

 感心したのは、大人はまだしも子どもへの宗教教育は虐待に近いという議論。分別の付かない子どもにそういったものを植え付けるのは虐待であると。まさにその通りだと思う。なかなか考えさせられる一冊でした。
スポンサーサイト

theme : 哲学/倫理学
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

AmateurD

Author:AmateurD
 進化生物学を学ぶアマチュアです。本業は数学教師です。ほとんど自己満足の日記と化してますが、コメントどんどん下さい。質問・議論・アドバイスも歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。